« ピンクがふわり・その8 | トップページ | わたるナンバーワン・その1 »

2011年5月 9日 (月)

ありがとう!三笠!

2011年5月8日。
62年という長い年月愛された下河原阿月さん。














甘い香りにつつまれながら。
その暖簾を下ろしました。

誰かさんのつぶやきで知った事実。。
あまりにも衝撃的すぎて思考回路が。。。

でも動かないと始まらん!
ということで調子乗ってお電話で予約を。
(お店のおっちゃん:お、まめこ:ま)

ま:「黒と白5つずつの10個入りを2箱と、大きいのひとつ」
お:「大は箱がないからできませんねん。。」
ま:「箱なくてもかまわないんですが。。。」
お:「あっなら用意しときますわぁ~どちらさん?」

あっという間の会話でもなんかちょっと切ない。

 三笠が有名ですが最中も。
 小さなイートインもあります。
 まめこはここの
 冷やし亀山も大好き☆

白玉のクオリティもものすごく高いのです。。

さてさて楽しい三笠タイム(*^_^*)






包装紙もものすっごくかわいいあずき柄。
とってもふわふわの甘い香り。

早急に実家に送り。
そしてお友達とのご飯タイムにてアレを披露♪






大きい三笠には黒と白が半分ずつ入ってます。
白あんのジューシーさが御座候のに似ていますが。
それ以上に滑らかでたっぷり入っててもあっさりで。
そして皮のふわふわさがたまらなくおいしい!!

サイズが異なってもそれは同じ。

ほんとありがとう。
とてもおいしく楽しい時間を本当にありがとう。

悲しいけど。
最後に少しだけ職人さんの手さばきを見学させて
もらえたことがうれしかったです。

長い間、お疲れさまでした!!

|

« ピンクがふわり・その8 | トップページ | わたるナンバーワン・その1 »

コメント

えーなんで辞めちゃったの??
それなら3月に近くに行ったとき、食べておけばよかったーーーー

残念。

一番好きな「あんこ屋」だったのに。

投稿: rina-oha | 2011年5月 9日 (月) 21時48分

創業62年という老舗のお菓子屋さんが
ファンに惜しまれつつ暖簾を下ろされたこと
とても残念に思います。

おっちゃんとの電話での何気ないやり取りは
まめちゃんにとって忘れがたい思い出となりそうですね。

“ほんとありがとう。
とてもおいしく楽しい時間を本当にありがとう。”
この言葉を職人さんたちが聞いたら、もう大泣きですよ(T T)
私がカンドウしちゃいました☆


投稿: colty | 2011年5月13日 (金) 00時49分

rina さん。
すまんねぇ。。送ればよかったと今更後悔してるよぉ。。

新たなあんこをさがさなければ!!

投稿: まめ | 2011年5月16日 (月) 20時58分

colty さん。
ほんまに何気ないんですけど。。
なんか切なさがありましたねぇ。。
テンポはめっちゃよかったのに不思議。。

今でもあのふわふわ三笠&あんこの味がぶわっとよみがえります。

投稿: まめ | 2011年5月16日 (月) 21時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118759/51627701

この記事へのトラックバック一覧です: ありがとう!三笠!:

« ピンクがふわり・その8 | トップページ | わたるナンバーワン・その1 »